基幹システムを業務に活用するコツ

ヒト・モノ・カネに関わる情報を管理する基幹システムは、企業の心臓とも言えるシステムで、業務に関わる重要なデータが大量に保管されています。
しかし、多くの企業では、基幹システムの管理は情報システム部門が一手に担っており、業務に関わるデータにアクセスする場合、限られた人間しか操作することを許されません。

データの重要性考えると当然のことですが、基幹システムの顧客・在庫・商品のデータを日々の業務に活用することができれば、情報の検索と分析に関わる時間を短縮し、効率的に意思決定を行えることは間違いありません。

基幹システムのデータを効率的に活用するためには、EAIツールを用いて、基幹システムの必要なデータだけをSFAやCRMに連携し、ガバナンスを保ったまま、データを共有するのが、最も効果的です。

データにアクセスするフロントのシステムもExcelではなく、簡易開発が可能なデータベースソリューションを用いることで、データの不正ダウンロードを制御し、適切なデータ管理が実現できます。